昨年末、12月には
色々ありすぎた夏からのあれこれを乗り越えて

またブログも書こうという気持ちになって
ペースが戻ってきていたのですが。

今日は節分。
明日から暦の上では春ですね。

日が少しずつ長くなって
着実に春の訪れを感じるものの
寒くて風が強くてまだまだ辛いです。

そして、毎日が早すぎます。

結局、1月はほとんどブログ更新しませんでしたが
かなり濃い1ヶ月を過ごしていました。

特に、新しい出会いが、まぁてんこ盛りにありました。

ありがたいことですね。

今年に入って、少し個人活動の時間を確保したく
ビュートにいない時間を増やしたら
出会いが増えた分、またムクムクと新しい事業がやりたくなってしまいました。

誤解を恐れずに、自分を律しながら書きますけど
例えば、美容院に行っても、他サロンに行っても
友達とご飯を食べに行っても、ランチミーティングをしても
友達の友達が始めた…等々のお店に遊びに行っても

何かと、リアルな相談を受けることが
あまりにも多くなったのです。

ほんとに、気が付けば。

独立・起業や個人事業の始め方
事業計画書の書き方やアイデア
運営のノウハウ
スタッフのマネジメント
コラボレーションの提案

などなど、

現在、お勤めだったり、勉強中だったりする方から
「相談」を受けるのです。

その内容が、聞いて
へぇ~いいですね~夢が広がりますね~楽しい~

という段階なら、
本当に楽しく聞かせていただけるのですけれど

結構、リアルに具体的だったり
リスクヘッジの方法や課題のクリア方法を相談されることが多くて

最近は、白髪染めしながらでも、ビジネス脳フル稼働で
ランチに行っているのに、すっかり食べるのを忘れて
電卓叩いていたり、マインドマップ書いていたり
時に資料を広げて、やいやい言いながら書き込みしていたり

それがまた楽しい!

終わった後、ちょっと疲れて
お支払いの時、ちょっと苦笑いもしますけど
楽しいのです。

誤解を恐れずに、自分を律しながらいいますが
自分でも気が付かないうちに
会社を10年やってきて、いつの間にか自分のビジネス経験値が増えて

これから、自分ではじめたい、お給料以外の働き方を模索している人にとっては
まさに身近に相談しやすい存在になったということなのかな…と

思ったりしています。

同時に、これまで相手にされなかった
自分よりビジネス経験値や事業規模の大きい人にも
ちゃんとビジネスの話をしてもらえるようになったり

私と同じくらいの時間を、同じように苦労したり四苦八苦してきた
妙に仲間意識が芽生えてしまう経営者や社長と
多くを語らずとも分かち合えたり
どこまで語り続けても尽きることがなかったり
もぅどうにも止まらない刺激を受けたり

自分の中のビジネス経験値の変化を
身体で感じるようになった。

そんな感覚を抱いています。

だからといって、次のステップに進みたいと思っても
そこままた未経験者。ゼロからスタート。
未熟で勉強不足と至らなさに打ちのめされる。

自分が嫌になったり、落ち込んだり、自信を無くしたりしながら
また、気が付けば、経験値の変化を身体で感じられる時が来ると信じて

守りに入らず、新しい世界に飛び込んで
満身創痍で攻めていける自分でありたいなとも思っています。

そんな1月を過ごして
ほんのちょっと考えたこと。

新しい出会いと同時に
不思議なんですけど、時間を作ると人に会いたくなるのでしょうか。
懐かしい人にも、連絡を取ることが増えて。

かつては、自分よりもビジネス経験値が高く
教えをいただく立場だった相手が

そこはオンナの30代。

お互いに変化が激しすぎて
全く違う環境を過ごしてきたことに気付きます。

私は、たまたま会社を設立してから10年間
仕事を辞めることなく、妊娠出産しても続けてきた。

でも、それが出来たのはたまたまであって
キャリアを中断したり、会社を整理したり
専業主婦の期間があったり、子育てに専念していたり
家庭優先でお勤めに戻っていたり

本当に色々なわけです。

女性が子育てに専念したり
家族のサポートを優先することは、すごい社会貢献だと
個人的には思っています。

そういう選択をした女性を尊敬もする。

ただ、過ごしてきた時間が違いすぎて
かつてと同じように接そうとお互いがすることによって
ちょっとした違和感が生じる感覚も
どうしても否めなかったりするのです。

かつては、私が一方的にアドバイスをいただく立場だった。
年齢に関係なく、ビジネス経験値の違いで。

あれから10年。

近況報告をして
かつてと同じ口調でもらったアドバイスが
なんだかお互いの距離しか感じられないというか
全くクロスするところがなくなってしまっている、そんな感覚。

女の30代は変化が激しい。

そして、女の40代。

どう生きるのか。
何を選択するのか。

逃げずにしっかり向き合いたいと思う。

明日は立春。
よい春が来ますように。