新年度がスタートし
昨年度の自治会班長が、無事終了しました。

最後に、引継ぎの総会に出席して完了です。

結局、1年間
区長さんから配られた回覧板を回したり
広報誌を配ったりする他は

自治会館のお掃除に1回参加した程度で
地区のお知り合いも増えませんでした。

積極的に地域活動に参加していない私が悪いのかも知れませんが
「参加の仕方がわからなかった」というのが、正直な感想です。

私の住んでいる地区は
地主組と分譲住宅組で

回覧板も違えば、ゴミも違って

ご近所でお会いすれば、おしゃべりさせていただくことがあっても
それ以上、地域のことがよくわからないまま。

お店でお客さんの話を聞いていると
地域の運動会などは、参加者を集めるのが大変で

声かけられるでしょ?…と言われるのですけど
実は、開催されていることすら知りません。。。

お誘いいただくことも特にはなく
もしかしたらどこかに書いてあったのかも知れませんが
知らないまま終わってしまいました。

最後に区長さんにお話させていただいたとき
なんだか、色々機会はあったはずなのに
結局何もせず終わっちゃって・・・

というと

次の区長に申し送りしておくので
よかったら、参加してくださいと言われましたが。。。

仕事してるし、気持ちはあっても
実際、「積極的に参加します!」と手を挙げて

果たして出来るのか、そもそもどんなことをどの程度やるのか
何をやるのか、曜日や時間帯、その他・・・

と考えると

なかなか怖くて立候補はできない。

この「自治会」ってそもそも何をするのか
自分が出来る範囲で、出来ることはやりたいけれど

何ができるのか

わからない、というのも
自治会に加入しない世帯が増える要因ではないかな、とも思いました。

役員さんも、ずっと同じ方々がなさっているようで
地域を熟知している地元の名士的な方々を前に

分譲住宅移住組としては
畏れ多いところもあり。。。

自治会存続の危機と言われるほど
加入率が低下していると聞きますが

ご高齢の方に、ずっと役員さんをやっていただくのもなんですし
若い世帯に、そもそも自治会が何かとか
自分たちはどんな参画方法があるのかとか
どの程度の時間や行動で何ができるかなど

わかりやすくしていく必要があるようにも感じました。

私のように、若くなくても
ほんとにわかってない人も多いかも知れませんしね。

ちなみに。

1459837336080

昨年から、娘に叱咤激励されて習い始めたお習字教室。

毎月、課題の文章が
中高年世代を感じさせます。

アクティブシニアの活躍に臆さずに
若者も気負わず参加できる地域活動が必要かも知れませんね。