先日より、地味~~~~~に告知している
こちらのチラシ。
トレーナー・インストラクターの募集です。

インストラクター募集

実は、今回
人生初・会社初の出資を受けました。

これまで自己資本にこだわって、借金してまでやらない!を通してきたので
まぁ、だからこそ会社も自分の生活も潰れずにはきたんだと思います。

でも、資本力がなさすぎて、打てるはずの戦略も打てず
また、会社と事業を立ち上げてすぐ、自分が妊娠出産したこともあり

何かと小さくこじんまりまとめて
何かと整理縮小ばかりに走ってきたのも事実です。

それが、会社が10期目に入り
本当に店舗も10年が見えてきたころ、それはよくないとアドバイスしてくれる人が現れました。

10年続けると、他人の見方も変わるのでしょうか。

ほんの少し、資本を入れて
出来ることを増やしていくだけで、そんなに攻めなくても
今より会社がよくなることがたくさんあるとアドバイスを受け

でも急に増資したり、他社や他人の資本を入れてもらうことには
自信がなかったので、

1年ほど前から小さい案件でスポンサーについてもらったりして
「予算(他人のお金)」を使って結果を出すことにトライしてました。

それによって、自分も学ぶところが多かったし
考え方も変わってきて、ここ数年の自分と違う方向に向かうようになりました。

そこで今回、額としては少しですが、出資を受けて
店舗の10年目にあたり改装と新規事業を計画したわけです。

ゼロからの立ち上げでなく、シナジーある事業をちょっとずつ増やしていくのは
ノウハウも経験値もあるはずなので、気負わずやりたいなと思っています。

ここに至るまでに、M&Aや営業権譲渡、出資によるグループ会社化など
数社からの打診や提案も受けて、検討してきました。

そのたびに、うちの会社をMAしたり、出資しようという相手は
結局のところ、私コミで買収して、自社の仕事を私にやらせたいとか

自分の傘下におさめて、口をだしたいとか
今あるリソースの美味しい部分だけを持って行って
業務や運営は私にやらせたいとか

なかなかシビアなものばかりでした。

それはそれで当然なのですが。

でも、それはうまくいくわけがないし
そこまでして、他社の資本を入れる理由が私にはない。

だったら、このまま小さく自分でやっていくかと思っていたところ
少しずつスポンサーについてもらって、やってきたことが
不思議なものでいろんなところでつながって、突然に芽が出るもので

個人的な出資の提案を受けたわけです。

うちに出資しても、決して儲かる話ではないし
何のリターンを期待するわけでもない。

純粋な応援の意味での出資です。

もちろん、全く条件がないわけではないですが
私が10年やってきたことに対して、評価した上での条件ですので
私にとっても、大変やりがいのあるところで。

自分ががんばってきたことを、こうした形で評価していただけるのは
大変ありがたいことだなと感じています。

この件についても、やはり色んな人に雑談的に話したり
意見や情報をもらったりしてきました。

中には、融資じゃなくて出資だから、返さなくていいし
いいなーと言われた方がいたのですが

その感覚は違うなと思いました。

確かに理屈はそうなんですけど
出資してもらった分はなるべく早く
さらに恩は3倍返しできるようにがんばらないといけないと思う。

自己資本だけだと出来なかったことを
出資していただくことで、新しくやっていく以上

ちゃんと利益を出して
なるべく早く返そう。ご恩も返そう。

そういう「がんばる理由」が具体的に数字としてあることが
僅かながらも会社や事業を拡大していく原動力になるんだと思うのです。

私は元来、自分に甘くてナマケモノなので
こうしたがんばる理由が金額としてあることは自分にとっては大きなことだと考えています。

事業である以上、やってみないとわからないことばかりで
決して大口を叩ける性格でもないので

謙虚に勤勉に真面目に、気負わず楽しくやっていきたいところです。