最近また、某週刊誌砲が炸裂とかで
ワイドショーがにぎやかです。

イケメン経営コンサルで魅惑の低音ボイス
ニュースのコメンテーターやラジオDJとしても活躍されてた
横文字の名前をもつ国際派で通っていた男性が

経歴詐称で、ハーフではなく実は純粋な日本人で
海外での学位も学士もMBAも取得の事実はなく
7か国にあるとされたコンサル会社も実態がなかったと知って

めずらしく、ショックを受けております。

声が魅力的だったり、ラジオの番組をお持ちだったり
その時点で、よく知っていたこと、好印象しかなかったこと

テレビの報道番組にコメンテーターで出演されてるのも
よく観ていて

ハーフのイケメンで美声でかしこそうで仕事出来てシュッとしてて
ホンマ、何もかもそろった人やねぇ~~~

こんな人もおるもんやねぇ~

と、本気で思っていました。

全く、人はつくづく
自分の思い込みを真実と信じて生きている生き物ですね。

そして、誰しも
自分を演出したり、虚勢はったり、時に自分をよく見せたり
セルフブランディングといえばかっこいいですが

みんな必死で精一杯がんばっているものなので

まるっきり嘘でたらめは詐欺ですけど
ツッコミどころの一つや二つ、ほんと誰しもあるんでしょうね。

思わず、自分のプロフィールに誇張やニュアンスの演出がないか
見直してしまいました。

「大学をでて高校教諭」は、本当に正職員の教諭で1年目から担任してたので
嘘ではないものの、
わざとらしく、「女子高校」といってるのはヤラシイといえばヤラシイでしょうか。。。

「地元で有名な荒れたヤンキー高校」で、当時「コギャル」呼ばれたJKたちのネタは
今のところ、どこにも書いたり話したりしてないので

「元教師」と呼べるほど仕事する前に辞めた・・・という事実に基づき
誇張はしていないつもりです。

「ラジオパーソナリティ」「キャスター」も
必ず、「地方のケーブルテレビやコミュニティFMなど、地域情報発信現場」でのキャリアと
明記していますので

決して、タレントさんみたいな仕事ではなかったと
かたくなに表示しているつもりではあります。

でも・・・

・女子高校の教諭
・キャスター、パーソナリティ
・アロマセラピスト
・サロン&スクール経営
・女性起業家
・女性社長
・ビジネス書著者

・・・と並ぶと

ミーハーの極みやん!

と自分でもツッコミたくなります。

真面目が取り柄で、地味街道をひた走り
日々コツコツ泥臭く積み上げるしかできない私が
なぜ書くと、こんな風になってしまうのか。

自分でも少々謎だと思ってはいます。

なんだか、そんなことを考え
今日の経歴詐称報道は、どことなくショックを覚えています。

ちゃんと仕事で評価されるよう
初心にかえって、精進しようと思う次第です。

なので、酒の席とはいえ
「これに、読者モデルと美人議員とセレブ婚の経歴があったら完璧やったな!」

等々、

私は誓って、自分に「美人」をつけたことは本当に心底ないので
からかうのは、ぜひともやめていただきたいと思っています。

それにしても。

経歴というのは、一見バラバラだったり
ニュアンス勝負に見えたところで
やはり、その人の経歴ですから
筋が通っているものだと思います。

私の場合は

「人に教えたり伝えたりする」
「直接人とかかわる」
「メジャー志向ではなく、地域密着型」

といったところがつながって、今の仕事になっています。

一つの道で、それを極めて成功する人も素晴らしいですが
多くの場合は、柔軟に時代や状況、環境、人のご縁や自分自身の変化に合わせて

その仕事の形を変えていくのではないでしょうか。

一本筋を通しながら
どんな状況になっても、自分の仕事を見出せる、必要とされる、作り出せる
そういう能力を

「潰しがきく」

というのかな。

最近では、そんな風に感じています。

そう考えると、やはり筋が通ってないとか
信頼の根拠となる部分に、曖昧さや嘘があると

それはもう、今後どうにも潰しがきかないですね。
やはり人は、筋を通して、信頼を得る努力を怠ってはいけないのですね。

娘にも、ちょっと苦しいことであっても
それが筋道としてつながっていくとか、自分の信頼の根拠となっていくことであれば
逃げずに自分のものにしていくような
そんな生き方をしてほしいなと思うし
その前提となる勉強も、しっかりサポートしていきたいと思っています。

蒸し返しますが、学歴がすべてではないとはいえ
国際派経営コンサルで、報道で世の中に対してにコメントする立場なら
やはりきちんと学位をとるための勉強を積み上げてもよかった気がしますね。

まぁ・・・問題は、学位がないことではなく
詐称があったということなのでしょうが。

今後潰しがきかなそうで、私に言われたくないでしょうが
心配です。

蒸し返しついでに余談ですが。

ここ数年、私の住む飯能市では
吉本クリエイティブエージェンシーと提携しているそうで
何かと市の催し物が、吉本とのコラボです。

そうした催し物やイベントには
必ず、吉本の若手芸人さんがMCなどで来ておられます。

吉本芸人があなたの街を盛り上げます!
吉本芸人があたなの街に住みます!

等々のキャッチで、市も力を入れているのですが

正直、全く名前も知らない芸人さんばっかりです。

その芸人さんが来ることで、飯能が盛り上がるとか注目されるというより
行政の仕事以外に、仕事がなさそうな人も多数です。

中にはプロフィールが
独自のメソッドで、地域活性化に貢献しています!

と、

イヤ!地域活性化メソッドより笑いを開発してよ!

というような芸人さんも。。。

先日も、娘とあるイベントに参加しましたが
その芸人さんも、MCのしゃべりもネタも
春遠い日曜日の体育館にふさわしい寒さで

でも、それぞれに特技がおありで
数々の大会で優勝してるとか、○○の日本チャンピオンとか

そういう特技で子どもたちの心を掴んでいました。

今は、イケメン俳優もアイドルも
しゃべったら面白いですし

高学歴だったり、他の分野でも才能があったり
社会経験まであったりしますから

芸人さんも、ネタとか話術以外の
突出した特技や経歴が必要なんでしょうか。

個人的には、どんなに特技がすごくても
芸人さんは、しゃべりやネタが面白い人が好きです。

面白くない芸人さんは、それこそ潰しがきかないんじゃないんでしょうか。

ちなみに
「今、世間で最も潰しがきかない人」大賞は、キヨハラさんのモノマネ芸人さんだそうです。

どの世界も、生きていくのは大変です。