週末、飯能書道連盟展に行ってきました。

ずらりと並ぶ、見事な書に圧倒されっぱなしでした。
素晴らしかったです。

11209518_185205325156235_1409317707276498584_n

なぜ、この私が書道展なぞに出向いているのか。
私を知るみなさんは、さぞかし不思議かと思います。

そう。

私は字が汚い。

自他ともに認める、字の汚さ。

これは、長年自覚しつつ
どうにも向き合えない事実でした。

12249640_185205321822902_990743316037190614_n

もう、字は生まれ変わらないと綺麗ににならないとか
頭の回転が早すぎて、手が追い付かないからだとか

長年、言い訳してきました。

そして、時代もあって、手書きを必要とされる場面は
幸か不幸かほとんどなく

あまり字が汚いことで困らないで来てしまったのです。

ある有名な作家さんが講演会で、なぜ作家になったかという質問に

「幼い頃から、私は字が汚くて、よく親には叱られ、兄弟や友達にからかわれてきたんです。
それで、字がきれいになりたいと思ったかといえば、まったくそれはなくて
私の書いたものは、全部活字にしてやろうと思った。それが原点です。」

と言われていたのを
言い方まで克明に覚えています。

全く、同感だったのです。

字が汚くても困らないし、誰にも迷惑をかけない。
それよりも、頭の中を書きだす言葉や内容の方が重要であると。

11224410_185205318489569_6559623724590684214_n

でも。
このトシになって、私が字が汚いことで
人に迷惑をかける事態が発生しました。

「ねぇ、ママ。
ママはいつもさーーーって書くから、字が汚いんだよ!
しっかりていねいに書くときれいに書けるんだよ。

社長さんがさぁ、字が下手だとみんなが恥ずかしいでしょ?
連絡帳にきれいな字で書けるようになりたいでしょ?

だから、一緒にお習字やるといいよ!」

・・・・・・・・・。

娘に叱咤激励されまして
なんと、今さらながら、娘の書道教室に私も入門することになったのです。

早速、受付でとてもじゃないけど名前が書けず
前途多難の気配。

まだ、第1回目のお稽古には行ってないんですけど
その前に、先生の作品を見にお邪魔して
(実はよくわかっていないのに)

感動と大絶賛をめいっぱい表現してきた次第です。

今年も残り1ヶ月ちょっとになっての
新たな挑戦?

「字は一生の宝」

多分本当です。

「長所は短所などというけれど、字が汚いのは短所以外のなにものでもない」

きっと事実です。

そんなこと、わかってるんです。
あたたかく見守っていただけますと幸いです。